Woocommerceインストール・有効化

プラグイン>新規追加 でキーワードに【WooCommerce】と入力しインストール後、有効化してください。

WooCommerceを有効化するとこのような画面が表示されます。「はい、お願いします」をクリックすると、次のウィザードから最低限必要なストアの設定を行えます。

WooCommerce ストアの設定

※以下英語表記になっておりますが、日本語表記の方は日本語に置き換えて設定を進めてください。

①ストアの詳細

店舗地域(国)の設定です。正しい住所等を入力後「次へ」をクリックしてください。

このようなメッセージが表示され、チェックを入れるかどうかは任意です。「次へ」進みます。

 

②業界

当てはまる業界を選択し「次へ」をクリックしてください。

③商品タイプ

「実在商品」と「ダウンロード」以外を利用するには有料のようです。どれかにチェックを入れて「次へ」進みます。

④ビジネスの詳細

「商品をいくつ表示する予定ですか?」は、候補で表示される数から適当に選んでください。「現在、他の場所で販売していますか?」の質問は、どれを選んでも「Market on facebook」など表示されている無料プラグインが初期状態ではONになっていて、このまま次へ進むと自動的にインストールできるようです。主には不要なのでOFFにして「次へ」をクリックしてください。

 

⑤テーマ

テーマを選択します。テーマは後からいつでも切り替えできるので、ここでは「有効なテーマのまま使用する」をクリックして進みます。

プラグイン Jetpack を追加すれば案内されているような機能が使えるようですが、今回は「結構です」を選び、Jetpackをインストールしないで進みました。

「次へ」をクリックすると以下の画面が表示されます 次に、この画面から続いて設定していっても構いませんが、これらの設定は WooCommerce > 設定 からの手順をご紹介します。

 

WooCommerceの各設定

WooCommerce > 設定 をクリックしてください。上のタブで設定画面が切り替わります。

一般

店舗の住所はウィザードの時に入力されたものが入っています。「基本設定」と「通貨オプション」をそれぞれ設定します。設定の確認・変更が必要な項目については、以下を参考にしてください。

基本設定

  • 販売を展開する地域:特定の国に販売する
  • 特定の国に販売する:日本
  • 配達可能地域:特定の国にのみ配送する
  • 特定の国に配送:日本
  • お客様の基本地域:ショップの本拠地
  • クーポンを有効化:クーポンを発行しないならチェックを外す

通貨オプション

  • 通貨:日本円
  • 小数点以下の桁数:0

 

商品

レビューを有効化:商品のレビュー機能を有効・無効にする設定です。初期状態ではチェックが入っているので、必要なければチェックを外します。

送料

配送地域を追加から地域毎に設定をしていきます。

地域名:任意のものを入力してください。ここでは「東海地方」としました。
ゾーン地域:愛知県、岐阜県、三重県
配送方法:送料無料(定額送料)などで地域毎に設定します。

決済

初期設定では以下しかありません。

銀行振込:有効にします

さらに決済の利便性を上げるため以下の2つの決済方法を追加します。(各マニュアルを参考ください。

①クレジットカードに対応するため

▶ Stripe(クレジットカード対応)連携マニュアル

②ペイパルに対応するため

▶ PayPal(ペイパル対応)連携マニュアル

連携後はこのように2つ決済方法が追加されます。

アカウントとプライバシー

極力個人情報を管理したくない場合は、ゲスト購入を可能にして、以下にチェックを外します。

メール

細かい設定方法はこちらのマニュアルを参考ください。

▶ メール自動返信の設定マニュアル

 

制作依頼検討の方は無料相談が可能 in名古屋栄

当社が運営する名古屋栄のコワーキングスペースへご来社頂く形で随時HPに関する無料相談が可能です。
当社ではネット環境やパソコンはじめ、各種ご説明資料や制作実積を整えており、お客様の大切な時間を無駄にしないよう、迅速な対応を心がけております。
そのためご来店時にはHPに関するご不明点やご要望だけお持ちいただければ大丈夫です。まずは気軽にお問い合わせください。
※本マニュアルページの質問などは承っておりません。